HOME>アーカイブ>土木に関しての技術力を活かして新しい分野に挑戦する
男性作業員

新しい職種に挑戦するとかなり大変です

土木施工管理技士の資格を持っている人を募集している企業は多いですが、中途採用の場合には基本的には即戦力となる人材を募集しているので、ある程度の職務遂行能力は期待されています。土木の分野は仕事の幅がとても広いので、1級や2級の土木施工管理技士を持っているだけでは仕事をするためには不十分であるので、実務経験が大切になります。新しい土木分野に挑戦したいと考えているエンジニアが求人に応募をする場合、過剰に自分の能力をアピールをしすぎてしまうと、難しい仕事を任されていることになります。試練となるような難しい仕事に挑戦しながら自分の技術力を上げていきたいという人であれば良いですが、働き始めたからかなりの苦労をすることになります。自分が経験した分野以外の土木職種で働く場合、専門書をたくさん読み解いておくことが自分の身を助けることになるでしょう。

分野や働き方も幅広いです

1級や2級土木施工管理技士が活躍することが出来る仕事の種類としては、鉄道、ダムなどの建設会社や建設コンサルタント会社などがあります。現場管理や設計など自分が携わりたいと考えている分野などを絞って、求人に応募をすると良いでしょう。建設会社の場合、職場は現場の場所ごとに異なっているので、大きな会社となると全国転勤なども多くなります。建設コンサルタントは、高い技術力を持っている人が求められることになるので、土木施工管理技士も1級を持っていると高い評価を受けることになるでしょう。また、その他の土木系の資格などを持っているとさらに評価されることになり、名刺にも所有資格を表示することが出来るようになります。コンサルタントの特徴としては、技術者の信用も重要な職業となるので、相手に説明する際に説得力がある話し方をすることが重要です。

広告募集中